遺言の方式と条件

遺言の方式にはどんなものがあるのでしょうか、また遺言には条件付けが出来るのでしょうか

民法では、「遺言は、この法律に定める方式に従わなければ、これをすることができない」と定められています。つまり、遺言者の真意を確保し、方式を厳格なものとすることにより、偽造や変造を防ぐようになっています。
“遺言の方式と条件” の詳細は »

相続資格のない場合とは

相続資格のない場合の、相続放棄、相続欠格、廃除とはそれぞれどのような者を指すのか

遺産分割には、共同相続人全員で行います。相続放棄した者や、相続欠格事由のある者、廃除の審判を受けた者は含まれません。

相続放棄した者は、自らがその権利を手放したので相続人からはずされるのは当然でしょうが、相続欠格事由のある者、廃除の審判を受けた者はどういうものでしょうか。
“相続資格のない場合とは” の詳細は »

訴訟の相続は出来るのか

被相続人が訴訟中だった時、その訴訟を相続することは出来るのでしょうか

家族で事業を行っている方は通常一家の大黒柱たる父親が代表を務めていることが殆どでしょう。いざその代表が亡くなり、相続をするとなると金銭的なものはそのまま引き継がれ事業も今まで通り行っていくことになるでしょうが、もし父親が存命中に営業上のトラブルから訴訟となっている事件があった場合、その訴訟はどうなってしまうのでしょうか。
“訴訟の相続は出来るのか” の詳細は »

相続税の税務調査と名義預金

相続税の申告が正しく行われているかどうか調査する中で名義預金が問題になりやすいのは?

相続税の申告により、その申告書に問題が無いかどうか税務署で精査されます。が、この確認作業の中で、相続財産が少ない、あるいは相続税の計算方法が間違っているなどの疑問点がある相続税の申告書が出てきます。そのような申告があった場合、務調査先になることがあります。
“相続税の税務調査と名義預金” の詳細は »

財産を自由に相続させる手立て

遺言や生前贈与を上手に活用して自由に相続させる

自分が築き上げた財産を自分の思うとおりに相続させたいと多くの人が考えることでしょう。民法上で法定相続人の遺留分が規定されている限り、それにはある程度の規制がかかってしまいます。

しかし、例えば中小企業を経営している方が
“財産を自由に相続させる手立て” の詳細は »